コーティング剤を選ぶ際の注意点

コーティング剤を購入する際、特にネット通販では「誇大広告」が蔓延しています。
誤ったコーティング剤を選んでしまわないよう、以下の点にご注意ください。

「耐久力」

「耐久力180日」といったような効果を謳ったガラス系コーティング剤が存在します。
しかし、テストをした結果、約60日ほどで効果はほとんど無くなってしまいました。
ポリマーと呼ばれるガラス系コーティング剤の耐久力は、通常30日~60日です。安価(1000~3000円)で、耐久力が100日を超えるようなコーティング剤は存在しません。

「販売実績」

「累計販売数〇十万本突破」といったような文言がよく使われています。
そういった文言を大きく掲げているのは、設立から1~2年・資本金が
100万円以下といった業者である場合が多いです。
資金力もなく、短期間で何十万本もの販売実績は、物理的にありえません。

「プロ仕様」

「プロ仕様」といった文言をよく目にします。
“プロ”と聞くと「コーティング専門業者」や「大手ディーラー」を思い浮かべますが、実際には中古車販売店などを指す場合がほとんどです。
「コーティング専門業者」や「大手ディーラー」が使用するような本物のコーティング剤が市販で出回ることはまずありません。

「サクラレビュー」

ネットで買い物をする際、”レビュー”は商品選びの参考になります。
しかし、レビュー数が多いにもかかわらず、肝心のレビュー内容が曖昧な内容で、使用感が全く書かれていないような商品があります。
それらは「サクラレビュー」と呼ばれるニセモノのレビューの可能性が非常に高く、虚偽の内容のものがほとんどです。